MENU
Socioak Group

お役立ちコラム | 送迎バスドライバー派遣などのバスの委託ならみつばコミュニティ

文字サイズ   
Socioak Group

お役立ちコラム

ドライバー派遣における注意点は?メリット・デメリットについても解説

2020年01月17日

ドライバー派遣を検討している方であれば「導入で失敗したくない」というのが正直なところでしょう。

しかし、ドライバー派遣の注意点については、まだまだ知られていないのが現状です。

そこで、今回はドライバー派遣における注意点について解説します。また、ドライバー派遣を導入するにあたってのメリット・デメリットについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ドライバー派遣の注意点

 

ドライバー派遣は魅力的なサービスですが、導入するにあたっていくつか注意点があります。

まずは、どのような注意点があるのかチェックしておきましょう。

 

■ドライバー派遣の会社によってサービスの質が異なる

ドライバー派遣の注意点として、まず挙げられるのが「ドライバー派遣の会社によってサービスの質が異なる」というものです。

一口に「ドライバー派遣会社」といっても、内部の実態は会社ごとに大きく異なります。例えば「従業員の教育が不足している」「料金とサービス内容が見合っていない」「担当ドライバーの技術が低い」など、ドライバー派遣会社によっては、サービスの質の悪さにつながる問題を抱えているケースがあるのです。

ドライバー派遣会社の全てが、満足できる運転のスペシャリストとは言い切れません。

しっかりとリサーチせずにドライバー派遣会社を選んでしまうと、対応の悪いドライバーが担当となってしまう可能性もあります。

ドライバー派遣を依頼する際には、サービスの質が会社ごとに異なることを理解しておくことが大切です。

 

■人手不足の会社では依頼を断られる可能性がある

ドライバー派遣会社が人手不足の場合、依頼をしても断られてしまう可能性があります。

そもそも、ドライバー業界は深刻な人手不足に陥っていて、「これ以上依頼を受け付けられない」といった問題を抱えている会社が少なくありません。

ホームページでは積極的に問い合わせを促しているわりに、抱えられる業務量が少ないといった事例もあります。

 

■会社ごとに料金設定に差がある

ドライバー派遣会社によって、料金設定に大きな差があるということを理解しておきましょう。

サービス内容がほぼ同じであるにも関わらず、月々の料金に数万円~数十万円の差があるといったケースは珍しくありません。

また、別会社と料金に差がなくても、サービスに制限がある場合もあるため、しっかりと情報収集したうえでドライバー派遣を検討することが大切です。

 

ドライバー派遣のメリット

ドライバー派遣を導入する場合、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

ここからは、ドライバー派遣を導入するメリットについて、詳しくご紹介します。

 

■人材を確保できる

ドライバー派遣を導入する際のメリットとして挙げられるのが「人材を確保できる」というものです。

自社で「ドライバー」としての人材を確保するのは、現代では非常に難しいのが現実です。しかし、ドライバー派遣会社に相談することで、ドライバーは簡単に確保できます。

そのうえ、正規社員として人材を確保するよりも、ドライバー派遣会社を利用したほうがコストを抑えやすいといったメリットがあり、金銭面においても利点があるのです。

「自社でドライバーを募集しているが応募がない」という場合は、ドライバー派遣を導入すれば短期間で問題が解決するでしょう。

 

■一定期間のみの契約が可能

ドライバー派遣は、正規社員を雇用するわけではありませんので、「一定期間のみの契約」が可能です。

例えば、契約期間を「繁忙期のみ」に限定すれば、閑散期のコストを大幅にカットできるでしょう。

「特定の期間のみドライバーが欲しい」という場合は、正規社員のドライバーを確保するよりも、ドライバー派遣会社を通して人材を確保することをおすすめします。

 

■採用におけるリスクを回避できる

ドライバー派遣を導入すれば、採用におけるリスクを回避することができます。

ドライバーを正規社員として採用する場合、求人広告を出したり、面接をしたりと様々な採用コストが発生するものです。しかし、コストがかかる割には必ずしも応募があるわけではありませんし、仮に人材を確保できてもすぐに退職されてしまうといったリスクがあります。

採用におけるリスクとして、とくに深刻であるのが「教育期間終了後の退職」でしょう。十分な教育を行った後に退職されてしまった場合、採用におけるコストだけではなく、これまでの教育コストも全て水の泡となってしまいます。

一方、ドライバー派遣会社の場合は、すでに教育が済んでいるドライバーが派遣されますし、契約期間中は必ずドライバーとして活躍してくれます。

急な退職に悩まされることもなくなりますので、採用におけるリスク回避の手段としては魅力的なメリットでしょう。

 

 

ドライバー派遣のデメリット

ドライバー派遣を導入するにあたり、デメリットとなるのが「費用面」の問題です。

ドライバー派遣の費用は、車両や走行時間などによって異なりますが、1か月あたりの利用料は数万円~数十万円となります。

あまりコストをかけられない方の場合、やや負担の大きい出費となってしまうかもしれません。

とはいえ、正規社員を確保するよりも安価に済ませやすいといったメリットがありますので、「従業員を雇った場合」と比較したうえで検討すると良いでしょう。

 

ドライバー派遣は注意点を理解してから検討を

ドライバー派遣を導入する場合は、しっかりと注意点を理解することが大切です。

とくに「費用面」「サービスの質」などは、ドライバー派遣会社によって異なりますので、十分な情報収集も行わなければなりません。

現在、ドライバー派遣の導入を検討している方は、本ページを参考にしながら判断してください。

 

お役立ちコラムCOLUMN一覧へ