MENU
Socioak Group

お役立ちコラム | 送迎バスドライバー派遣などのバスの委託ならみつばコミュニティ

文字サイズ   
Socioak Group

お役立ちコラム

大型バス送迎の料金は?最新の目安費用について解説!

2019年11月15日

社員旅行や学校行事など、短期で大型バス送迎を依頼するにあたり、「料金面」は最も気になる部分ではないでしょうか。

特に、大型バス送迎の依頼が初めての方の場合、具体的な料金がイメージしにくいものです。

大型バス送迎を依頼するのであれば、相場や適性料金について把握しておかなければなりません。

そこで、今回は大型バス送迎の目安料金について解説します。

 

大型バス送迎の目安金額

大型バス送迎の目安金額は、走行距離や走行時間などによって異なります。

例えば、下記のような条件を見てみましょう。

 

・乗車人数 最大45

・平日昼間(乗車時間10時間)

・走行エリアが都内発

・走行時間が200250km

 

上記の場合は、送迎の目安金額が約1013万円です。

ただし、大型バスの乗車可能人数や時間帯などによっては、同条件であっても15万円近くに及ぶことがあります。また、このほかにバス回送時間の費用も発生します

交替運転手の有無によって料金も大きく変動します。運転手が一人で対応できる場合と、運転手が二人の場合とでは、当然ながら後者のほうが高額な費用になります。

とはいえ、バス会社によっても必ずしも上記の料金で大型バス送迎が依頼できるとは限りません。まずは、バス会社に見積もりを作成してもらい、内容を確認することをおすすめします。

 

ちなみに、大型バス送迎の金額は他にも「オプションの有無」「出発地の場所」でも異なることがあります。

例えば、「フェリーも利用する」「パーキングエリアなどでの休憩時間を変更する」など、バス会社によってオプションの内容は異なりますが、基本メニュー以外の内容を依頼すると、費用が加算されます。

大型バス送迎を依頼するにあたり、オプションを希望する場合は必ずそれぞれの料金を確認し、予算と照らし合わせてください。

 

大型バス送迎の料金に含まれるもの

 

大型バス送迎を依頼するにあたり、どのようなサービスが料金に含まれるのかご存知ですか?

正確に把握しておかないと、想定外の出費や、予算オーバーとなってしまう可能性があります。

ここからは、大型バス送迎の料金に含まれるものについて、詳しく解説します。

 

■バスドライバーの人件費

 

大型バス送迎の料金に含まれるものの一つが「バスドライバーの人件費」です。

ドライバーに運転を依頼する以上、人件費は必ず発生するものですが、基本的には「送迎の料金」に含まれていることが多いです。宿泊を伴う送迎依頼の場合は、ドライバーの宿泊費用を別途で支払わなければなりません。

 

■車両の貸し切り費用

 

大型バス車両の貸し切り費用は、大型バス送迎の料金に含まれます。

一般的な路線バスとは異なり、団体で貸し切るため「車両の貸し切り費用」として、大型バス送迎の料金に加算されます。

なお、車両の貸し切り費用は、車体の大きさ(乗車可能人数)や、貸し切り時間によって異なります。

 

■ガソリン代

 

大型バス送迎を依頼するにあたり、「ガソリン代」は、料金に含まれる項目です。

走行距離に応じてガソリン代としての加算額が変更します。ただし、ガソリン代の算出方法はバス会社によって異なりますので、必ず事前に見積もりなどで具体的な料金を確認することをおすすめします。

 

■保険代(万が一の事故のための保険)

 

万が一事故を起こしてしまった場合などに備えた「保険代」は、大型バス送迎の料金内に含まれています。

送迎中、バスが事故に巻き込まれてしまったとき、乗車している方が怪我をしてしまうかもしれません。保険に加入していないと、自己負担での治療となってしまう可能性があります。

「損害賠償責任保険」への加入が一般的ですので、依頼の際には料金とともに、保険の加入の有無についても確認しておきましょう。

 

大型バス送迎の料金に含まれないもの

 

大型バス送迎の料金に含まれないものは、主に次の通りです。

 

■有料道路、有料駐車場などの利用費

 

大型バス送迎を依頼するにあたり、料金内に含まれないものが「有料道路や有料駐車場などの利用費」です。

例えば、高速道路を利用する送迎を依頼する場合、高速道路の料金は別途で支払わなければなりません。また、目的地の駐車場が有料である場合も、依頼者が別途で利用料金を支払う必要があります。

場合によっては想定していた費用よりも、高額になってしまうことがありますので注意してください。

 

■バスガイドの人件費

 

バスガイドを依頼する場合は、大型バス送迎の料金には含まれませんので注意してください。

団体で旅行するにあたり、バスガイドの依頼を検討する方は多いものですが、送迎料金とは別途で人件費を支払う必要があります。また、ドライバーの人件費同様に、ガイドを依頼する時間や人数などで料金が加算されます。

バスガイドの利用を検討している方は、必ず「別途での支払い」となることを頭に入れたうえで、予算と照らし合わせて計画することをおすすめします。

なお、宿泊を伴う場合は、バスガイドの宿泊費や飲食代(朝食・夕食など)も必要となります。

 

■「加算対象」になるサービス

 

「深夜の走行」「繁忙期の依頼」など、基本料金に加算されたり、そもそも基本料金が高額になるケースがあります。

最も安価に大型送迎バスを利用できる条件は「通常期であること」「平日の日中であること」などが挙げられますが、仮に「大型連休中の送迎」「深夜・早朝の送迎」となると、大型バス送迎の料金は割高になります。

もし、スケジュールを調整できるようであれば、なるべく費用が安価な時間帯・時期に依頼することをおすすめします。

 

大型バス送迎の料金を把握しておこう!

 

今回は大型バス送迎の料金について詳しく解説しました。

一般的に、大型バス送迎の料金相場は知られていませんので、予算が立てられない…という方は非常に多いです。しかし、適切に予算を立てないと、想定外の大きな出費となってしまうことがあるため注意してください。

現在、大型バス送迎の依頼を検討している方は、本ページを参考にして、計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

お役立ちコラムCOLUMN一覧へ