MENU
Socioak Group

お役立ちコラム | 送迎バスドライバー派遣などのバスの委託ならみつばコミュニティ

文字サイズ   
Socioak Group

お役立ちコラム

中型バス送迎の目安料金は?具体的な相場と知っておくべきポイント

2019年11月15日

中型バス送迎の料金はどれくらいなのか…といった疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?

社員旅行など、団体で移動するにあたり、効率的な手段である「送迎バス」ですが、具体的な料金について把握している方は少ないものです。

そこで、今回は中型バス送迎の目安料金について、詳しく解説します。

 

中型バス送迎の目安料金

さっそく中型バス送迎の目安料金について見ていきましょう。

中型バス送迎を依頼する場合、条件によって大きく異なりますが、相場は平日の昼間の利用で「7万~12万円」です。

大型送迎バスの場合は同条件で9万~14万円ほどですので、中型バス送迎のほうが安価で利用できます。しかし、上記の金額はあくまでも目安であり、契約内容によって料金は大きく変動します。

中型バス送迎を利用する際には、必ずバス会社に見積もりを作成してもらい、具体的な料金を把握することが大切です。

 

中型バス送迎の料金が変動するポイント 

中型バス送迎の料金が変動するポイントとしては、下記の内容が挙げられます。

 

■走行距離

 

中型バス送迎の料金が変動するポイントとして、まず挙げられるのが「走行距離」です。

送迎における走行距離が長くなるほどに、料金も高額になります。とくに、遠方への送迎の場合は、料金が大幅に高くなってしまうことがありますので、注意してください。

 

■走行時間(貸し切り時間)

 

走行時間が長い場合は、中型バス送迎の料金が高額になることがほとんどです。

中型バス送迎の料金は、走行距離と走行時間から算出されるため、仮に走行距離が短くても、走行時間が長くなるようなルートの場合は料金が高額になります。

また、走行時間自体は短時間であったとしても、出発前後の準備などに時間がかかり、貸し切り時間が長くなる場合は、同様に料金が高額になることがあります。

 

■ドライバーの人数

 

ドライバーの人数によって、中型バス送迎の料金が変動します。

中型バス送迎に限らず、バスドライバーは、安全のために「連続して運転できる時間」が定められており、基準を超える走行時間・距離の場合は交替運転手が必要となります。

当然ながら、ドライバーが一人の場合よりも、ドライバーが二人のほうが料金は高額になるのです。

 

■送迎日・送迎時間帯

 

中型バス送迎を依頼する曜日や時間帯によって料金は大きく異なります。

例えば「平日か週末か」「日中か深夜・早朝か」など、変動するポイントはいくつもあるのです。送迎する曜日については、週末よりも平日のほうが料金は安価になる傾向にあり、送迎時間帯は深夜・早朝よりも日中のほうが安価になる傾向にあります。

基本的に「平日の日中」が安価なタイミングであるため、予定を調整できる場合は料金が安いタイミングで利用することをおすすめします。

 

■依頼時期

 

中型バス送迎には「繁忙期」「通常期」が存在します。

中型バス送迎の繁忙期は、「ゴールデンウィーク」「お盆休み(夏休み)」「年末年始」「連休」などが挙げられます。

繁忙期に中型バス送迎を依頼すると、通常期と比べてやや割高な基本料金となってしまうことが考えられるでしょう。

中型バス送迎を依頼する際には「繁忙期」「通常期」をよく理解したうえで計画すると良いでしょう。

 

■オプションの有無

 

中型バス送迎を依頼するにあたり、オプションも利用する場合は料金が高くなります。

例えば「バスガイドの依頼」「加入保険の指定」「出発地点」などは、オプションでの対応となることがあります。

とくに、「バスガイド」については、一般的に基本料金には含まれておらず、別途で人件費を支払う必要があります。また、宿泊を伴う送迎の場合は、バスガイドの宿泊費用(食事つき)も支払わなければなりません。

 

■バスのグレード

 

中型バスのグレードによって、基本料金は大きく変動します。

一口に「中型バス」といっても、グレードは様々で、「快適さ」「設備の豊富さ」「内装」などが異なります。

仮にグレードの高い中型バスを依頼することになった場合、グレードの低い中型バスと比較すると、依頼費用が数万円~数十万円の差が生じることがあります。

 

■ドライバーの宿泊費用の有無

 

中型バス送迎を依頼する場合、宿泊を伴う場合は「ドライバーの宿泊費用」も依頼主が負担しなければなりませんので、利用料金が高くなります。

また、泊数が増えるにつれて料金が高額になりますので、2泊以上の利用を検討している方は注意が必要です。

 

中型バス送迎を安く利用するには

 

中型バス送迎を安く利用するためにはどうしたら良いのでしょうか。

ここからは、安く利用するためのポイントについて解説します。

 

■繁忙期は避けて依頼する

 

中型バス送迎を安く利用したいのであれば、繁忙期は避けて依頼することをおすすめします。

本記事でも触れたとおり、ゴールデンウィークやお盆休みといった期間はバス会社の繁忙期となるため、通常期と比べて料金が割高です。

なるべく繁忙期を避けて依頼しましょう。

 

■平日や日中などのタイミングを狙う

 

中型バス送迎を依頼するのであれば、平日や日中などのタイミングを狙いましょう。

週末や深夜・早朝のタイミングは利用料金が割高となってしまうことがほとんどです。バス会社のほとんどが「休日料金」「深夜・早朝料金」として、費用を加算しているため、平日の日中を狙って計画してください。

 

■複数のバス会社から見積もりをとる

 

複数のバス会社から見積もりをとることで、中型バス送迎を安く依頼できます。

送迎バスの料金は、バス会社によって大きく異なるのが現状。必ずしもすべてのバス会社が同じ料金ではありません。

複数のバス会社に見積もりを作成してもらい、料金を比較してから選ぶとお得に利用することができます。

 

中型送迎バスの目安料金を知ろう

 

中型バス送迎を検討している方は、まずは「目安料金」を把握し、料金を左右するポイントや安く利用するポイントについて知ることが大切です。

ご紹介の内容は、短期での契約内容です。長期期間の送迎をご希望の場合は、料金やサービス内容が変わってきますので、バス会社に相談しましょう。

お得に中型バス送迎を利用するためにも、ぜひ本ページを参考にしながら依頼を検討してみてください。

 

 

お役立ちコラムCOLUMN一覧へ