MENU
Socioak Group

お役立ちコラム | 送迎バスドライバー派遣などのバスの委託ならみつばコミュニティ

文字サイズ   
Socioak Group

お役立ちコラム

貸し切りバスでの送迎バス料金相場は?車両別に金額の目安をご紹介

2019年11月15日

社員旅行やイベントなどで送迎バスを利用するにあたり、気になるのは「料金相場」ではないでしょうか。

しかし、具体的な金額について知っている方は少なく、中には相場以上の金額で送迎バスを利用している方もいらっしゃいます。

主な送迎バスの利用方法は、自家用自動車を使用する『運行管理請負サービス』と、送迎バス本体も合わせて貸し出す『貸し切りバス』の二種類です。本ページでは、『貸し切りバス』を中心に、送迎バスの料金相場や内訳について、ご紹介します。

 

送迎バスの料金に含まれているサービス

 

送迎バスの料金には、様々なサービスが含まれています。

具体的に挙げられるのは次の通りです。

 

人件費

送迎バスの利用料金には、運転手の人件費が含まれています。

利用時間・日数によって大きく左右するほか、

貸し切りバスの場合は、「走行距離」「宿泊の有無」で料金が大きく変動します。

「バスガイド」を依頼する場合は、人件費に含まれませんので、別途で必要料金を支払わなければなりません。

 

保険料(損害賠償責任保険) 

バスに乗車している最中に、万が一事故に遭ったときのための保険料は送迎バスの利用料金に含まれています。

ただし、バス会社によって乗車中の事故による「怪我」や「損害」などをカバーできる金額が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

 

車両費

 

貸し切りバスのバス会社にお願いしたときに、送迎バスの料金に含まれているサービスとして、まず挙げられるのが「車両費」です。

貸切り代として請求されることもある料金で、利用時間などによって変動する費用項目でもあります。

また、契約バスとして利用する車両が大きくなるほどに車両費も高額になり、逆に車両が小さくなるほどに料金も安価になります。

 

ガソリン代

 

貸し切りバスで送迎バスを利用する場合、ガソリン代は利用料金内に含まれているため、別途で走行距離に応じたガソリン代を支払う必要がありません。

しかし、あくまでも「ガソリン代」のみが利用料金内に含まれているだけですので、高速道路や、有料道路の料金に関しては、別途で支払う必要があります。

また、有料駐車場代に関しても料金を別途で支払わなければならないため、思わぬ出費とならないようあらかじめ「サービス内に含まれないもの」を把握しておきましょう。

 

 

貸し切りバスの料金相場

 

一口に「送迎バス」といっても、車両によってバスの大きさや乗車可能人数などが異なります。

貸し切りバス会社に委託した場合の送迎バスの料金相場について、車両別に見ていきましょう。なお、送迎バスを借りる時期・曜日、運行時間(深夜早朝含むか)、交替運転手の有無等により変動しますので、行き先や日程・おおよその人数が決まったら、まずは見積りをとりましょう。

 

大型バス

 

乗車可能人数が最大4550人ほど、という大型バスを「送迎バス」として利用する場合、平日昼間の往復(走行距離250km)で料金目安は10万~14万円です。

大きなバスである分、運転手の技術が求められることから、他のバスと比較すると最も高額な料金目安となります。

 

中型バス

 

中型バスとは、大型バスよりもやや車体が小さめの車両で、乗車人数の目安は30人前後です。送迎バスとしての料金目安は、「大型バス」と同じ条件の場合で8万~12万円となります。

ただし、利用時期や走行距離によっては、8万円以下で利用できる場合もあります。

 

小型バス

 

小型バスは、乗車人数の目安が2125人というやや小さめのバスです。小型バスを送迎バスとして利用する場合の料金相場は6万~10万円です。大型バス、中型バスと比較すると大幅に料金相場が下がります。

 

マイクロバス

 

マイクロバスは、小型バスとほぼ同じ大きさの車両で、乗車人数の目安も小型バスと大差ありません。補助席も使えば、運転手を除いて28人まで乗車できます。

契約バスとして利用する場合も、料金相場は6万円~10万円と同じくらいです。

 

送迎バスの料金を抑えるコツ

 

送迎バスを利用するにあたり、いくつか料金を抑えるためのコツがあります。

「送迎バスを安く抑えたい」という方は、チェックしておきましょう。

 

繁忙期を避けて利用する

 

送迎バスには「繁忙期」と呼ばれる時期が存在します。

一般的に貸し切りバス会社で繁忙期と呼ばれているのが「大型連休」「4月~6月」「夏休み期間」などです。

通常の時期と繁忙期とでは利用料金に差があり、場合によっては数万円もの差が生じることもあります。

もし、繁忙期を避けることができるのであれば、なるべく通常の時期を選んで送迎バスを依頼することをおすすめします。

 

小さめのバスを選ぶ

 

本ページの前半でも触れたとおり、バスの車両が大きくなるほどに料金相場が高額になります。

「余裕を持って座れるように」と、実際の乗車人数に対して大きめの車両を選ぶ方もいらっしゃいますが、不必要に大きなバスを選んでしまうと無駄な出費となってしまう可能性があります。

送迎バスの利用料金を抑えたいのであれば、なるべく小さめの車両を選ぶのが賢明です。

 

バス会社に合わせて「利用時間」「利用日数」を検討

 

バス会社の多くは「8時間以上で〇〇円」「1日〇〇円」といった料金設定となっています。しかし、プランやサービス内容によっては、「利用時間で料金を支払う」「日数単位で料金を支払う」など、契約内容によって料金が安価になる場合があります。

良心的なバス会社であれば、比較的安価で利用できる契約方法を教えてくれるため、まずはバス会社に問い合わせてみてください。

 

日時は「平日」「昼間」を選ぶ

 

送迎バスの利用料金は、日時によって大きく変動するものです。

最も安価に送迎バスを利用できるのが「平日の昼間」ですので、なるべく土日や祝日での利用は控えたほうがコストを抑えやすくなります。

ただし、仮に平日の昼間であったとしても、「夏休み期間」「年末年始」などは料金が高額になる場合がありますので注意してください。

 

相場を把握したうえで送迎バスを利用しましょう

 

送迎バスを利用する際には、明確な料金相場を把握することが大切です。

送迎バスの料金相場を把握せずに利用してしまうと、相場以上の金額で契約させられるなど、損してしまう可能性があります。

現在、送迎バスの利用を検討中の方は、本ページを参考にしながら「バスの種類」「スケジュールの調整」などを検討し、少しでも安価に送迎バスを利用してみてください。

場合によっては、自分たちで送迎バスを保有する『運行管理請負サービス』のほうが、トータルで見た際に安価となることもあります。問い合わせれば、どのようなものにどのくらい予算が必要か、教えてもらえるでしょう。

また、バス会社を選ぶ際にも、「相場以上の金額が提示されていないか」をしっかりと見極めたうえで決定しましょう。

 

 

お役立ちコラムCOLUMN一覧へ