Socioak Group

送迎バス運転手の充実の教育体制!(株)みつばコミュニティ

文字サイズ   
Socioak Group
pagetitle

みつばコミュニティの運転手研修制度

「安全、安心をお客様に提供する」それがみつばコミュニティの精神です。
送迎バスを利用される方々の安全を守り、お客様の送迎バスを確実に運行するため、徹底した運転手の教育・研修体制を整えています。また、私たちみつばコミュニティでは、運転業務を行う運転手を「サービスクルー(SC)」と呼んでいます。運転技術はもちろん、サービス業として必要なマナーなど、バスを利用される方々への接遇にも力をいれ、各業種に応じた研修プログラムを構築しています。

配属前研修

各面接において当社の採用基準を満たした運転手が、勤務先に配属される前に行う個別研修です。各施設に応じた研修を行い、運転手の更なるレベルの向上とプロになる意識を高める目的で実施します。

机上研修
kensyu3

適性検査(警察庁方式 運転適正検査K-2)、業務マニュアルの習熟、安全運転の心構え、マナー、身だしなみ、送迎業務のノウハウ等の」研修を行います。
また初心に立ち返り道路交通法、基本運転操作についても研修を行います。

実車研修
kensyu4

研修車両を使用して点検、清掃、死角検証、後退方法、基本操作、送迎業務を想定した運行、危険予測トレーニング等を行い最終見極めにて導入日程を決定致します。

配属後研修 

kensyu2

就業開始から約1~3か月後を目安に行う集合研修です。
環境や業務にも慣れ少しゆとりがうまれる頃ですが、初心にかえり改めて気を引き締め、業務マニュアルに従った机上研修を行います。様々な情報提供やディスカッション等を行い情報の共有にも努めています。

技術研修

年に一回は、お客様担当者の運行管理アドバイザーがバスに同乗し、実際の業務中の運転技能のほか、勤務態度、マナー等の教育を行います。

机上研修

kensyu1

現場に役立つ情報や、直近の事故事例などの共有をテーマに「一年毎研修」「二年毎研修」を集合形式で行います。

事故、クレーム後研修

事故を起こしてしまった際、お客様からご指摘があった際に行う研修です。
運行管理アドバイザーまたは、安全運行インストラクターにより個別に運行チェックを行い再発防止に努めます。

その他

研修以外でも情報の共有化を目的としたツールとして社内報「M-club」を定期的に発行しております。

 

(株)みつばコミュニティ 道路交通安全方針

私たちは、自動車管理のプロ集団として、企業倫理や交通法令を遵守し、生涯無事故の精神を貫くために以下の道路交通安全方針を定め、RTSマネジメントシステムの継続的改善を行います。

  1. 5Sの徹底
    職場の整理・整頓・清潔・清掃・躾を徹底し、いつも清らかな気持ちで就業します。
  2. 自己管理の徹底
    自身の健康管理や身だしなみを徹底し、いつも健康、端正な姿で就業します。
  3. 譲り合い精神の徹底
    「生涯道を譲るも百歩を曲げず」、いつも譲り合いの精神をもってハンドルを握ります。
  4. 意識集中の徹底
    運転中は常に視覚、聴覚、感性に意識を集中させ、「だろう運転」は絶対にしません。
  5. 人命最優先の徹底
    不幸にも事故が発生した場合は、人命救助を最優先とし、嘘をつかず、正直・誠実に報告します。